現在における
近視の流行の影響

近視の流行

近視の有病率は、1970年代から約2倍になっています。
傾向として、子どもたちは自分の親より視力を悪化させているとされています。
メガネをかける子どもたちは以前に比べると増加しています。

近視は深刻な問題です

メガネやコンタクトレンズ業界による尽力にもかかわらず近視は増加しています。

2050年までに、近視有病数は50億、強度近視有病数は10億になると予想されています。
近視による疾患リスクの増加は右の通りです。

Euclid社調べ

  • -8.00D以上の近視の場合
    緑内障のリスク

    14.4倍

  • -6.00D以上の近視の場合
    白内障のリスク

    3.3倍

  • -8.00D以上の近視の場合
    網膜疾患のリスク

    7.8倍