近視の流行について
詳しく見てみましょう

近視の流行

近視は気をつけるべき目の健康問題としてますます一般化しています。
将来、目の健康的な発展に影響を与える可能性があります。世界中で近視は流行し、様々な対応が取られています。近視の原因は何か?なぜ近視は増加するのか?
遺伝的な要因もありますが、科学的観点では、重要な要素として視覚的要求の変化、屋外活動時間の減少が近視の流行と紐づけられています。

  • 2050年までに、50億もの人々が近視の影響を受けるでしょう。
  • 1971年から近視の発症率は66%増加しています。
  • 近視は全世界の失明原因第2位です。

オルソケラトロジーとは

近視とは?

近視は、子どもの視力の説明を受けた時に聞いた言葉かもしれません。近視になると、遠くのものをクリアに見ることにとても苦労します。

子どもが教室の前の席で黒板が見づらいと訴えていた時、近視矯正が必要になるでしょう。

近視の影響を
受けているのは?

近視は世界中で目の健康問題として増加しています。
子どもが歳を取るにつれて、近視は深刻な眼疾患のリスクを高めます。実際に、世界中で失明の原因が増えると予想されています。
近視の症例数とリスクは増加し続けています。

  • 世界のいくつかの地域では、
    10代後半の80~90%が近視です。

  • 近視有病率は
    ここ30年で約2倍です。

  • 近視の進行具合によって、
    歳を重ねるにつれて深刻な
    眼疾患のリスクが高まります。

  • 近年、子どもたちは若い年齢で
    近視が進行しており、より度数が強く
    レンズの厚いメガネをかけています。

  • 2050年までに、約50億人が
    近視になると予想されています。

近視の些細な兆候を
見つけましょう

下記の近視チェックリストで、現在のリスクを評価しましょう。

もし1つ以上に当てはまるなら、オルソケラトロジーでの近視治療が適しているかもしれません。

  • ご家族のうち一人でも近視矯正をしている。
  • 子どもが(もしくはご自身が子どもの時に)10歳前からメガネをかけている。
  • 直近2年間にメガネやコンタクトレンズの度数が変わった。
  • 屋外で活動する時にメガネやコンタクトレンズがわずらわしい。近視を治療せず放置していた場合、目の健康などに影響を与えるでしょう。

オルソケラトロジーは
患者様の見え方の改善に
役立ちます

もし子どもが既にメガネを必要としているなら、生活の中で近視がどれほど不便なものなのか検討してみてください。子どもの近視は、大きな懸念材料になります。