Visionの未来を
形作るレンズ

【特徴】
・世界各国での実績
・Quick & Easy fitting
 (1回目のレンズ選択で80%、2回目で95.5%以上のフィッティング適合率)
※Euclid社調べ
・高い矯正効果が期待できる
・治療効果の可逆性あり

幾何学の利用による進化したレンズ構造

古代ギリシャの幾何学者に、ユークリッドという数学者がいました。彼は数学の歴史上、最も重要な書物の一つである「原論」を著した人物です。

オルソケラトロジーレンズ「マイエメラルド」のレンズ構造は、
幾何学者ユークリッドから影響を受けました。

レンズ構造をご紹介します。
① 二重構造のアライメントカーブによって周辺角膜にフィットし、快適な装用感が得られます。
② このリバースカーブは、できるだけ角膜上でプラスパワーを確保することにより、周辺網膜における近視デフォーカスを生み出します。
③ オプティカルゾーンのベースカーブによって、患者様の角膜カーブをコントロールし、近視治療を行います。

マイグレーションシステムによる角膜の変化

角膜上皮に4カーブの構造によりRCに引圧が働き、角膜上皮の中心部(BC)が薄くなり外側(RC)が厚くなる現象が起こります。
それにより網膜上に焦点が合うことで、屈折異常が減少し正常化され、一時的に視力が回復します。

レンズ概要

販売名:マイエメラルド
一般的名称:角膜矯正用コンタクトレンズ
医療機器承認番号:22200BZX00790000
製造販売元:株式会社テクノピア メディカル事業部
製造元:Euclid Systems Corporation USA

レンズの仕様

後面頂点屈折力:+0.75D
酸素透過係数:145.6±13.6×10 (Gas-to-Gas法)
素材: Boston EM (Bausch + Lomb)

制作範囲

色:Clear・Blue
直径:標準10.6mm (9.6mm~11.6mmまで制作可能)
ベースカーブ(BC):7.3mm~10.15mm
フラットK(FK):37.00D~48.00D
※アライメントカーブ(AC)に相当
ターゲットパワー(TP):-1.00D~-4.00D

AC(アライメントカーブ)

レンズのセンタリングを保ち、安定性を図ります。マイエメラルドはアライメントカーブが2段構造になっており、良好なフィッティングを得られるよう設計されています。フルオレセインパターンは暗い色調として表れます。

BC(ベースカーブ)

患者様のターゲットパワー(目標矯正値)に合わせて曲率半径が決定され、角膜前面を涙液層を介して押さえることで平坦化させる部分です。フルオレセインパターンは涙液層が最小クリアランスを示し暗い色調として表れます。

RC(リバースカーブ)

角膜上皮細胞を再分配させるための部位です。フルオレセインパターンは涙液がプールされるため、黄緑色のリング状として現れます。

PC(ぺリフェラルカーブ)

涙液交換を促進します。適切なエッジリフトにより黄緑色のフルオレセインパターンとなります。

レンズデザインの
幅広い選択

人それぞれ角膜の形状は千差万別です。
一人ひとりにあったレンズデザインが必要です。

レンズの選択は
非常にシンプルです

独自のアルゴリズムによって、それぞれの患者様の角膜形状に合わせたレンズをシンプルに選択できます。
このフィッティングシステムに必要な基本的パラメーターは、レフ値・ケラト値・角膜径です。
(トポグラフィーによる角膜形状解析を行うと、より精密な選択ができます)

マイエメラルドの特徴として、独自のアルゴリズムによって1回目のレンズ選択で適合性80%、2回目のレンズ選択で適合性95.5%以上を実現しています。

Euclid社調べ

  • Rx
  • K's
  • HVID

進化系デザイン
マイエメラルド プレミアム

レンズの装用時に、レンズの安定性を向上させるために開発されたマイエメラルドの新たな選択肢となる‶プレミアムデザイン″です。
これまで角膜乱視が原因でオルソケラトロジーを諦めていた方にお試しいただきたいプレミアムレンズです。

角膜乱視の許容


スタンダードデザイン                   1.00D程度まで


プレミアムデザイン                      3.00D程度まで


プレミアムデザインは近視矯正用です。

フライヤーをダウンロード

国内臨床試験概要

日本国内の大学病院2施設において臨床試験を実施し、
「マイエメラルド」の近視矯正における有効性・安全性が評価されました。
※球面度数での分布(参加症例50例99眼)

マイエメラルドの安全性

  • 有効性評価は適応範囲を球面度数:-1.00D〜4.00D、円柱度数:-1.50D迄の症例とし、装用期間が3ヶ月以上を満たしている88眼の装用最終日で評価しています。
  • 適用範囲外(球面度数-4.00Dを超える、または円柱度数が-1.50Dを超える)の症例眼で装用期間が3ヶ月以上を満たしている5眼についても、、装用最終日の評価では極めて有効(1.0以上)を得ていました。
  • 不満と回答された1人(2%)は治験期間が1週と短い症例(自己都合)でした。

マイエメラルドの有効性

  • 角膜内皮細胞への影響はみられなかった(有意差無し)。
  • 角膜厚は、初診と装用12週間後を比較した際のみ、レンズのBCによりスムーズに矯正(平坦化)された為、有意にひ薄化した。それ以降は有意差なし。